加算

乳酸菌はヨーグルト以外でも考えられる

私たちの体は多くの細胞から成り立っています。
中でも腸の中には無数の菌があります。
私たちが摂取した成分が分解されて、最終的に腸で吸収されています。
そのため私たちの体の栄養素は、腸が正常に働くことでしっかりいきわたります。

腸の働きを活発にして正常化させるために効果的なのが、善玉菌の働きです。
腸の細菌は主に、善玉菌と悪玉菌に分かれます。
善玉菌は腸内環境をよくする働きがあり、腸ぜん動運動を活発にすることができます。
これによって、腸が正常に働き免疫力の向上、便秘解消に効果があります。
逆に悪玉菌が増加してしまうと、腸内環境が悪化して便秘や有害物質を生みだしてしまいます。

そこで腸に善玉菌を増やす効果があるのが、乳酸菌です。
乳酸菌と聞くと、まず誰もが思い浮かべるのがヨーグルトではないでしょうか。
今では乳酸菌の研究が進み、菌によって様々な効果があることが分かっています。
そのため、多くの商品が開発されていて、朝食やおやつに食べる人も多いでしょう。

しかし中にはヨーグルトが苦手という人もいるでしょう。
乳酸菌=ヨーグルトと思い込んでいる人も多いです。
ヨーグルトは動物性乳酸菌の一種として認知度が高いです。
その他にもチーズやバターなどにも含まれています。

また日本人であれば摂取しやすい植物性乳酸菌http://www.s-coop-chiba.jp/japan.htmlがあります。
最も代表的なものが、漬物・キムチ・ザーサイ・味噌・醤油などの発酵食品に含まれています。
中でもぬか漬けには、豊富な植物性乳酸菌が含まれていることが分かっています。
日本の漬物文化の中でもぬか漬けは、最もメジャーで親しみがあるといってもいいでしょう。

植物性乳酸菌は、生きたまま腸に届きやすいのが特徴です。
動物性の場合は、胃液や胆汁などの影響を受けると、腸にたどり着くころには死滅してしまいます。
死滅した乳酸菌は善玉菌のエサになるため、死滅したからムダになるというわけではないのです。

どちらの乳酸菌もバランスよく摂取することがお勧めです。
ヨーグルトが苦手な人は、摂取しやすいものから取り入れていきましょう。
サプリメントから摂ることを考えている方はhttp://www.shooter-movie.jp/koukateki.htmlのサイトをご覧ください。
サプリメントから摂るメリットが載っています。