加算

乳酸菌で腸内の環境のキレイが実現できる

今私たちの食生活は大きく変わってきています。
和食離れが進み、洋食が増えたことで野菜不足を実感している人が多いです。
また生活リズムが不規則な人が多く、夜遅くにご飯を食べたりお酒を飲んだりしている人も多いです。

食生活も便利になり、コンビニやスーパーなどの弁当やお菓子類などを食べる機会が増えました。
これらの食品には食品添加物が含まれていることが多いのが特徴です。
また現代人はストレスを抱え込みやすい性質もあり、ストレスが悪玉菌を増殖させてしまい腸内環境を悪化させてしまいます。

腸内環境が悪化しやすい現代人に、積極的に摂取していきたいのが乳酸菌です。
乳酸菌は体にいいものと認識している人がとても多いです。

実際に乳酸菌は摂取することで腸内環境がどのように変化するのでしょうか。
腸内には無数の細菌がいて、善玉菌と悪玉菌に分かれます。
善玉菌は腸内環境を整える働きがあり、腸に悪影響を与える悪玉菌を抑制する働きがあります。

腸内環境は悪玉菌をいかに減らし善玉菌を増加させることが大事です。
善玉菌が増えることで、腸のぜん動運が活発になり便秘解消につながります。
また腸内の免疫力を向上させる働きがあり、アレルギー対策にもとても効果的です。

乳酸菌は大きく分けて動物性と植物性に分かれます。
動物性にはヨーグルトやチーズなどミルクから作られるものが多いです。
動物性の場合は、胃酸や胆汁の影響を受け死滅しやすいのが特徴です。
生きたまま腸に届くのが難しいですが、死滅した菌でも善玉菌の餌として役立ちます。
生きたまま腸に届けば善玉菌を同じように、悪玉菌の抑制などに役立ちます。

それに対して植物性は、ぬか漬けやキムチ、味噌や醤油などの発酵食品に含まれています。
和食中心の食生活であれば、比較的に摂取しやすい乳酸菌だといえます。
植物性乳酸菌には整腸作用、免疫向上、アレルギー対策に効果があるとされています。
さらに動物性に比べると生きたまま腸にまで届くため、腸内環境を整えるためにはとても効果的です。
動物性も植物性もバランス良く摂っていくことが大切ですので、毎日乳酸菌を含んだ食べ物を意識して摂取してみてください。
どんな食べ物に含んでいるか調べてみるとわかりますが、意外と身近な食べ物から摂ることが出来ます。