加算

免疫力向上なら乳酸菌にお任せ

私たちの体は、健康維持するために毎日免疫細胞が活発に働いています。
外に出ると、無数のウィルスが存在しています。
ウィルスを摂取してしまうと、そのウィルスを攻撃するための免疫細胞が活発にはたらきます。

それでも私たちが風邪やインフルエンザなどに感染しまうことがあります。
理由として考えられるのは、インフルエンザなどはウィルスがすごく強いということです。
また風邪などの場合は、腸内環境が悪化している場合に感染しやすくなります。

腸内環境と免疫力はどのような関係があるのでしょうか。
腸には私たちの体全体の約7割の免疫細胞が集中しています。
そのため腸内環境が悪くなると、免疫力も同時に低下してしまいます。

腸内環境をよくするためには、善玉菌が活発に働いているということが重要です。
そんな善玉菌を増殖させるために効果的なのが乳酸菌の摂取です。

乳酸菌は大腸にたどり着くと、善玉菌と似たような働きをすることが分かっています。
乳酸菌を摂取した場合、まずは二種類に分かれます。
それは生きたまま腸に届くものと、死んでしまった状態で腸に届くものです。

生きたまま腸に届いた場合は善玉菌と同じような働きをすることが分かっています。
悪玉菌を抑制して、腸のぜん動運動が活発になります。

菌が死んだ状態の場合は、善玉菌の餌となります。
そのため善玉菌が活性化され増殖することにつながります。
どちらの状態でも乳酸菌を摂取することで、善玉菌の増加につながります。

具体的にどのような乳酸菌を摂取すると、より効果的なのでしょうか。
今最も注目されているのが、プラズマ乳酸菌です。
免疫細胞にはNK細胞・キラーT細胞・B細胞などの種類があり、すべての免疫細胞を活性化させるのが、プラズマ細胞です。
今までは免疫細胞の一部しか活性化することができないのが現状でした。
プラズマ乳酸菌を一つ摂取するだけで、常に免疫細胞が活発になりインフルエンザやロタウィルスなど感染力が強いウィルスにも打ち勝ちます。
乳酸菌で腸内環境を整え、免疫力を向上させましょう。
乳酸菌で体質改善された方もいますので、是非乳酸菌を毎日食べてください。
食べ続けることできっとあなたにも嬉しい効果があらわれますよ。