加算

子供には欠かせない乳酸菌の作用

今食生活が豊かになったことで、様々な栄養素を手軽に摂取することができるようになっています。
特に子供を持つ世代の家庭では、食事の内容に対して一番気を使っているといえます。
なぜなら子供の成長期には多くの栄養素が必要になります。

誰もが親なら健康的で丈夫な子供に育ってほしいと願いうものです。
そのためには体に必要な栄養素をバランスよくしっかり与えなくてはいけません。
ただし一番の問題点は、成長期の子供の場合は、好き嫌いがとても多いということです。
そのため親としては健康のために毎日摂取してほしいものでも嫌がり、飽きて食べなくなってしまう場合が多いです。

そんな子供の成長期の時期に積極的に食べてほしいものとしてあげられるのが乳酸菌です。
乳酸菌には善玉菌と同じ働きをすることが分かっています。
そのため腸に届くと腸内環境を整える働きがあります。

乳酸菌というとまず思い浮かべるのがヨーグルトではないでしょうか。
乳製品に多く含まれているイメージですが、チーズやバターなどにも含まれています。
またそれだけではなく日本人に好まれている漬物・キムチ・味噌・醤油にも植物性乳酸菌が含まれています。
動物性も植物性もどちらもバランスよく摂取することで、子供の健康維持にとても効果的だといえます。

なぜなら最近小さな子供に増えてきているのがアレルギーの発症です。
新生児のころからでる場合や乳幼児あたりから発症する場合があり、深刻な問題になっています。
乳酸菌にはアレルギーの症状を抑える働きがあり、アレルギーの発症を抑える免疫力を高めることができます。
免疫力の向上はアレルギー以外でも、インフルエンザやロタなどの強い感染病の予防にもつながります。
子供は体が小さい分、どうしても大人と比べると免疫力が低下してしまいます。
そのため強い体を作りあげるためにも乳酸菌を積極的に取り入れていきましょう。
ヨーグルトなども食べやすいですが、乳酸菌が配合された乳酸飲料であれば摂取しやすいといえます。