加算

体の健康に対して乳酸菌が力を出してくれる理由

健康志向が強い人にお勧めの成分が乳酸菌です。
昔から乳酸菌は体にいいものとして認識している人も多いのではないでしょうか。
乳酸菌といえば代表的な食品としてヨーグルトを思い浮かべるでしょう。
小さいころからおやつや食後のデザートなどで、ヨーグルト食べてきた人も多いです。

そんな乳酸菌は摂取するとどのような効果があり体にいいのでしょうか。
乳酸菌を体内に摂取すると、体内で分解される際に乳酸や酢酸を生み出します。
この成分が、腸にたどり着いた際にとても効果的に働きます。

腸には無数の細菌があるといわています。
その細菌は善玉菌・悪玉菌・日和菌に分かれます。
私たちの腸にとって最もいい働きをしてくれるのが善玉菌です。

乳酸菌は腸にまで達すると、この善玉菌と同じような働きをすることが分かっています。
善玉菌には腸内環境を整える効果があり、悪玉菌の増殖を抑制する働きがあります。

今多くの現代人はストレスを抱えやすく不規則な食生活や生活習慣になりがちです。
すると腸内には悪玉菌が発生しやすくなり、腸内に有害物質が蓄積しやすくなります。
すると腸内環境が悪化して、肌荒れや便秘だけでなくがんや心疾患など死にいたる病気につながります。
そのような病気を善玉菌が増殖することで抑制することができます。

また腸には私たちの体の免疫細胞の約7割が存在しています。
そのため腸内環境が悪化してしまうと免疫力が低下してしまいます。
乳酸菌を摂取することで善玉菌を増殖させ、腸内環境を整えて免疫力を高めることができます。

また今多くの人の体の悩みとして便秘があります。
乳酸菌が生み出す酢酸や乳酸は、腸のぜん動運動を促進させる働きがあります。
そのため蓄積してしまった便を排出しやすくなります。
便秘は不要な便が蓄積している状態なので、有害物質を発生しやすくなります。
多くの病気の原因につながってしまう可能性が高くなります。
乳酸菌を摂取することは腸内環境をよくすることにつながり、私たちの体を健康的に保ってくれます。
乳酸菌を効率良く摂り入れるにはヨーグルトなど食べ慣れた食品から摂っていきましょう。